一戸建てで介護リフォームを取り入れる

高齢者が一戸建てで生活をしていく場合には、それ相応の工夫をした方が、安全に生活していくことができて良いものです。

若い人と一緒に生活をすると言うのも一つの方法ではありますが、家の中に一人でいることもあるでしょうから、その時でも安全に生活していくことができるように工夫をしておいた方が良いものです。一戸建ての家づくりの種類として、介護リフォームと言うものがありますが、これを施しておくことで、一戸建ての中での安全さを増すことができるようになるため、ケガの防止に役立つことになります。

よくある方法は手すりをつけると言うものです。


手すりをつける場所はいくつもありますが、自分が移動する際に不安に感じる場所につけておけば良いでしょう。


階段部分についていれば十分だと言う人もいるでしょうし、玄関の所にあると、靴を履いたり脱いだりする時に体への負担が少なくて良い、と言う人もいるでしょう。その他、階段の形にこだわった家づくりをすると言う、少し規模の大きなものもあります。

階段と言うのは、一本の直線でつくられていることがよくありますが、この場合には、もし上の方で足を踏み外したりしてしまった場合、下まで一気に落ちてしまう恐れがあります。


しかし、階段を曲げて作れば、途中の部分で一旦止まりますから、被害を抑えることができるようになります。
また、踊り場があると、上がって行く途中で良い休憩場所にもなりますから、便利なものです。

















関連リンク

一戸建ての生活を快適にする空間づくり


一戸建て生活を快適なものにすることを考えた場合に、気にしておくべきポイントはとてもたくさんあります。まずは、デザイン性の重視です。...

一戸建てに住むメリット


住まいで暮らすことを考えた場合、どのような暮らしをしたいのか考えることは非常に重要です。寝泊りする以外にも様々な役割がありますが、自分達の性格や、価値観など、人それぞれに合った住まいに住むことが大切です。...