不動産投資 収益物件の魅力

日本は世界有数の長寿社会ですが、一方で多くの人が公的年金をはじめとした社会保障制度に不安を感じ、老後を豊かに暮らすための備えを模索しています。80歳、90歳まで、時には100歳さえ夢ではない人生ですが、その中でも働きながら収入を得ることができるのは60歳から70歳程度です。
65歳まで働くことができて、そのあとは年金を受給したとしても残念ながら豊かな生活にはほど遠いため、老後の備えは数千万円必要というデータもあります。

これは、年金で不足する分を、仮に毎月10万円、年間120万円ずつ貯蓄から取り崩した場合に、30年なら少なくとも3600万円必要という計算から求めた金額ですが、貯蓄による運用益は想定していません。
とはいえ、低金利の中で利子による運用益は期待できませんが、不動産投資なら投資利回り5%も夢ではありません。


不動産投資の収益物件の魅力は、高い利回りと、資産価値による資金調達力です。
不動産投資は、お金がなければ始められない高嶺の花とあきらめず、収益物件自体を担保として借入をすることでスタートすることができます。働いている間は、家賃収入を返済に充てておけば、少ない手元資金で不動産投資を始めることができて、返済がおわれば名実ともに自分の資産になり、安定した収入があるので、貯蓄のように取り崩していく心配がありません。

収益物件を選ぶときは、投資利回りと、築年数が経っても入居者がいなくならないような好立地を選ぶことがポイントです。

















関連リンク

一戸建てで防犯性と同時に気にしておきたいポイント


一戸建ての生活で気にしておきたいことは色々とありますが、何か一つ問題を解決した時に、別の問題が発生してしまうのは避けたいところです。例えば、一戸建てで気になることと言えば防犯面に関することですが、窓からの侵入を防ぐために、電動シャッターを取り付けると言う対策の仕方がありますが、このシャッターがブラインドタイプになっていれば、風を取り込むことはできるようになって良いものです。...

デザイン性を重視した一戸建て生活


一戸建てで暮らしていく時に、高齢者であれば、安全に配慮して、段差をなくすつくりにしたり、階段や廊下に手すりをつけたりして、危険を防止することが大切ですが、元気で健康で、そういった心配がまだない若い人たちであれば、別のことを重視した家づくりをするのも良いものです。例えば、デザイン性を重視した家づくりを行って一戸建てに住むと言うのも良いもので、マンションと違って空間に余裕を持たせやすいですから、色々な空間づくりができるようになるのが嬉しいところです。...