デザイン性を重視した一戸建て生活

一戸建てで暮らしていく時に、高齢者であれば、安全に配慮して、段差をなくすつくりにしたり、階段や廊下に手すりをつけたりして、危険を防止することが大切ですが、元気で健康で、そういった心配がまだない若い人たちであれば、別のことを重視した家づくりをするのも良いものです。



例えば、デザイン性を重視した家づくりを行って一戸建てに住むと言うのも良いもので、マンションと違って空間に余裕を持たせやすいですから、色々な空間づくりができるようになるのが嬉しいところです。
よくあるのはロフトです。



3階建てにすると規模が大きくなりすぎるもので、人によってはそこまでのスペースはいらないと言うこともあるでしょう。



ロフトは、規模の小さな3階部分といった感じのスペースですから、程良く規模を大きくすることができて便利なものです。



なお、ロフトに上がる時には、ハシゴを使うことがあり、このタイプの場合ですと決して安全とは言えませんが、若くて元気であれば、移動はあまり大変ではないものです。



一戸建てで取り入れると良い、デザイン性を重視したもう一つの空間が、スキップフロアです。



これは、床から少し上がった位置にあるフロアのことで、天井までの距離が近くはなりますが、吹き抜けの構造になっていれば、天井部分が近いことによる圧迫感と言うのはなくなるもので、純粋にデザインのオシャレさを楽しむことができるものです。



また、スキップフロアは下に収納スペースを設けることもできますから、デザイン性以外の部分も優れています。



関連リンク

一戸建ての生活では階段下をうまく活用する


一戸建てで生活をして行く時に、2階建てにすることはよくありますが、その場合には、平屋建てとはまた違った注意の仕方が必要になってくるものです。2階建ての一戸建ての場合には、階段があるのが普通ですが、住まいにおいての階段の役割と言うのは、単なる移動手段と言うだけではありません。...

収益物件をフルローンで購入することについて


不動産をフルローンで購入することができれば、最初に元手がなくても収益物件を手に入れることが可能となります。その意味において、頭金がいらないフルローンは魅力的で、多くの人に投資のチャンスを与えてくれます。...