収益物件をフルローンで購入することについて

不動産をフルローンで購入することができれば、最初に元手がなくても収益物件を手に入れることが可能となります。その意味において、頭金がいらないフルローンは魅力的で、多くの人に投資のチャンスを与えてくれます。
しかし同時に、フルローンで不動産を購入するということは、大きな借金を背負うことを意味します。
借金には利息が付きますし、収益物件を購入するのにかかる費用は大きいですから、返済額も大きくなりがちです。

そのため、フルローンで不動産を購入して、家賃収入を得るというスタイルをとるのであれば、確実に収益を上げられる不動産を選ぶ必要性が高いです。


この時に参考にすべき数値が利回りです。
利回りは、その収益物件から、年間にどれだけ収益を得られるかを表す数値です。

計算方法には2種類あり、表面利回りは不動産価額を年間の家賃収入で割って計算します。

つまり、この数値を参考にすることで、何年で物件価格分の資金が回収できるかの目安とすることができます。
そしてもう一つの計算方法が実質利回りで、諸費用を前述の計算に含めるという方法です。

例えば、家賃収入から、管理を外注した場合の費用を引いたり、不動産価格に取得にかかった費用を足したりして、より経済的実態を反映した数値を算出します。


そのため、慎重に収益物件の将来性を判断したい場合は、実質利回りをみると良いです。
そして、実質利回りを参考にし、毎月確実に返済をしていく見込みが立つのならば、フルローンで収益物件を購入しても良いと言えます。

















関連リンク

収益物件をフルローンで購入することについて


不動産をフルローンで購入することができれば、最初に元手がなくても収益物件を手に入れることが可能となります。その意味において、頭金がいらないフルローンは魅力的で、多くの人に投資のチャンスを与えてくれます。...

一戸建ての生活では階段下をうまく活用する


一戸建てで生活をして行く時に、2階建てにすることはよくありますが、その場合には、平屋建てとはまた違った注意の仕方が必要になってくるものです。2階建ての一戸建ての場合には、階段があるのが普通ですが、住まいにおいての階段の役割と言うのは、単なる移動手段と言うだけではありません。...